失敗しないオールインワを50代が選ぶならプチプラはだめって本当か

オールインワン選びで失敗したくないけど50代にはプチプラはだめって

聞いたので真相を確かめてみた。

50代に入ってから今まで使ってた化粧品の効果が感じられない・・・

シワだけでなくシミやたるみ、乾燥など悩みが複合的に増えてきた・・・・

でもシンプルでコスパの良いオールインワンはやめられない。

乾燥やハリ低下によるたるみ、シワ、紫外線ダメ―ジなど複数の肌悩みが

一気に深刻化してくる50代が使えるオールインワンが欲しい。

ドラッグストアで買えるオールインワンで良いものは

50代におすすめのケアができるオールインワンジェルが欲しいので、

LDKなどの雑誌やドラッグストアで探して使ったこともあります。

とくにドラッグストアで買えるプチプラはベタつきは一切なく、

使用感もさらっとしていて心地良いものが多い。

美白効果はすぐに感じられるものではないが、プチプラでもちゃんと保湿できて

使用後の肌がぷるんぷるん。

でもハッキリした効果は実感できない。

とくにだんだん目立ってきたたるみのリフトアップはイマイチ。

そろそろドラッグストアから卒業してグレードの良いものを

選ぶ年齢になったということ。

たるみに効く50代のオールインワン

肌悩みが増えるだけでなく状態が深刻化してくるのが50代。

でも悩み別に基礎化粧品を揃えるコストを考えると経済的に厳しい。

そこでグレードの高いオールインワンを調査。

しわ、しみ、たるみに働いてくれる成分として注目されてるナイアシンアミド。

年齢ジワの改善、メラニンの生成を抑制しシミそばかすを予防という効能効果が

認められており、コラーゲンを増やすサポートまでやってくれる。

さっそくナイアシンアミド配合のオールインワンをチェック。

ナイアシンアミド配合のオールインワン

以下の2つをピックアップ

・シンピストオールインワンジェル
・siwaKCオールインワン

シンピストオールインワンジェル

コラーゲンの生成を助けるナイアシンアミドが、内側からふっくらとした

お肌に導きます。

年齢ジワはもちろんハリ不足やたるみにのケア、紫外線による悩みにも対応。

さらに7割の成分を低分子化。

「もっと深く届けたい。」という思いから誕生した。

Twitterでは使った人の口コミがたくさん。

年齢による悩みが増えて来る50代の口コミも気になります。

>>>シンピストを使った50代の口コミを確認するならこちら

siwaKCオールインワン

これ1つで化粧水、 シワ 改善美容液、美白美容液、乳液、クリームの多機能。

使った人の口コミで多かった感想は
・ベタベタしない
・なじみが良い
・伸びが良い

テレビショッピングでも登場するので人気のアイテム。

公式サイトのハーブ健康本舗のお試しモニターでは初回限定1,980円(税込)。

お試しモニターといっても定期便ですが、継続回数の縛りなし。

合わない時のために返品保証付きというのがありがたい。

50代におすすめのオールインワン化粧品の選び方

50代になると悩みは一つじゃなく複合的に増えてきます。

だから若い時のオールインワンの選び方じゃダメ。

50代オールインワンチェックポイント
・1つでたくさんの役割がある
・気になる悩みにアプローチする成分配合
・使いやすいテクスチャー
・使いやすい容器やデザイン

一つでたくさんの役割をやってくれると忙しい毎日の中で継続しやすい。

化粧水から下地まで複数のスキンケアが1つで済む便利アイテム。

時短で仕上げるためにはのびがいい、べたつかないなどのテクスチャーも

だいじなポイント。

使いやすい容器で気分が上がるデザインだとうれしい。

ドラッグストアなどで買えるものは、シワ・シミなど複合的にケアできる

成分が入ったアイテムは少ない。

とくに50代の見た目に関わる悩みはたるみ。

たるみ引き上げオールインワンゲル

たるみの原因は紫外線ダメ―ジやコラーゲン減少で
皮膚を支えきれなくなるから。

紫外線ダメ―ジを避けるには日焼け止めなどでUV対策。

たるみを改善したいなら、肌を保湿すると同時に
コラーゲンを補う、と2つがポイント

しわだけでなくたるみが本格的に目立ってくる50代の肌に
しっかり対応する、パワーがあるオールインワンを紹介。

リフトアップオールインワンの選び方

保湿とコラーゲンを補充できるオールインワンはたくさんあるけど
実感できるまで時間がかかります。

その間、たるみ顔のまま。

いつもより若々しく見えるハリ肌を手に入れるには形状復元成分が
はいってるものを選びたい。

形状復元成分がきゅっと引き上げ。

じっくり根本からコラーゲンサポートしていくなら話題の
ナイアシンアミド配合を選びましょう。

オールインワンのメリット

・時短でお手入れ
・化粧品代が節約できる
・肌への摩擦軽減

スキンケアはしたいけど、何層も塗るのは面倒だし摩擦になる。
そんなときに、オールインワン、

役割が多ければ多いほど経済的。

オールインワンのデメリット

・モロモロやカスがでる
・パワーが低い
・悩み別のケアができない
・なじみが悪い

最近は進化してるのかモロモロが出るものが案外少ない。

でも日によって化粧水だけでさっぱりしたい、美容液だけという
個別の使い分けできない

デメリットをカバーする技術と成分で作られたものを選ぶこと。

なじみ悪い対策には成分を低分子化してるものを選択。

だんだん増えて来るいろんな悩みにマッチする成分を入れてること。

オールインワンはやめたほうがいいか

肌に合わないものや年齢に合わないものはやめたほうがいい。

いくら評判がよくても苦手な成分が入ってたらアウト!。

知り合いから勧められても自分の悩みにマッチしないものはダメ。

年代によって必要なケアは変わっていきます。

たとえば50代以上は保湿だけでは不足。

合わないものを使うとお金と時間の無駄。

肌の状態と悩み、年齢を考えて選びましょう。

プチプラオールインワンがダメな理由

全てのオールインワンがダメというのではありません。

ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC誘導体などの一般的な成分よりワンランク上の成分が入ってるかどうか。

ワンランク上の成分を配合するには費用がかかるもの。

それなりのお値段を選択すればいい。

1個でこの値段?ってびっくりするかもしれないけど
ライン使いよりコスパ良し。

タイトルとURLをコピーしました